自分の歯のように咬みたい(インプラント・入れ歯)

自分の歯のように咬みたい
~インプラント・入れ歯~

  • お電話はこちら
  • メールはこちら

歯を失ってしまったときにも自分の歯で咬むような感覚を取り戻したい~インプラント・入れ歯・ブリッジ~

虫歯や歯周病、事故などで歯を失ってしまうと、人工の歯を入れて歯の機能を回復させる補綴(ほてつ)治療を行うことになります。現在、補綴治療には、インプラント・入れ歯・ブリッジといった3つの方法が選択できます。

福岡県久留米市の歯医者「もんじ歯科医院 ゆめタウン久留米」では、インプラント・入れ歯・ブリッジのすべての治療法に対応しております。いずれの治療法にもメリット・デメリットがあり、患者様お口の状態、失った歯の本数、全身の健康状態によっても、適切な補綴物は異なります。当院では、患者様に合った方法をしっかり検討してご提案しております。歯を失って困っていらっしゃるなら、お早めに当院へご相談ください。

チタン製の人工歯根を埋め込む治療法~インプラント~

チタン製の人工歯根を埋め込む治療法~インプラント~

インプラントは、近年注目の補綴治療の一つです。骨との結合がよい金属「チタン」製の人工歯根を、顎の骨に直接埋め込むことで、自分の歯でしっかり咬むような感覚がよみがえります。上部に取り付ける人工歯にも、セラミックス製のものを使うと、見た目も天然歯と同じかそれ以上の美しさとなります。

「もんじ歯科医院 ゆめタウン久留米」の運営母体である「門司歯科医院(本院 鳥栖)」では、昭和59年からインプラント治療に携わってまいりました。豊富な経験と技術、知識でしっかり治療いたしますので、安心しておまかせいただけます。

インプラント治療のメリット・デメリット
メリット
  • 他の健康な歯を支えとせず自立する
  • 本物の歯のような感覚で咬めるようになる
  • 見た目が非常に美しい
デメリット
  • 外科的手術が必要で、持病によっては受けられない人もいる
  • すべて自費診療となるため高額
  • 治療期間が半年~1年以上と長期
  • 治療後はインプラント周囲炎に注意する必要がある
PICK UP!!インプラント治療に恐怖心がある方へ
インプラント治療についてご説明する際に、「顎の骨にドリルで穴を開けて人工歯根を埋め込む……」と申し上げると、「痛そう」「こわい」という反応をされることがあります。
言葉だけだとそういったイメージになるかもしれませんね。
しかし、インプラント治療の際は、必ず局部麻酔をしますので、痛みを感じることはほとんどありません。
痛みの感じ方には個人差はありますが、術後、麻酔が切れても、痛みは抜歯したときと同じくらいだという方が多く、中にはまったく痛みを感じないという方もいらっしゃるほどです。

もっとも手軽で負担の少ない治療です~入れ歯~

もっとも手軽で負担の少ない治療です~入れ歯~

入れ歯治療は歯を失ったときの補綴治療として、もっともポピュラーな方法です。お口から歯型を採り、取り外し可能な人工歯を、調整しながら作ります。失った歯の本数によって、部分入れ歯・総入れ歯と入れ歯のタイプが異なりますが、いずれもそれぞれの患者様に合わせて作るカスタムメイド製品だといってよいでしょう。当院では、長く歯科医療に携わってきた経験から、患者様一人ひとりに合った入れ歯をご提案してまいります。現在お使いの入れ歯の調整や修理も承りますので、お気軽にご相談ください。

入れ歯のメリット・デメリット
メリット
  • 取り外し可能でお手入れができる
  • 自分に合った入れ歯ならよく咬める
  • 治療中に身体への負担が少ない
デメリット
  • 他の治療法ほど、咬む力が回復できない
  • 慣れるまで違和感がある
  • 見た目に入れ歯と分かりやすい
保険診療の入れ歯と自費診療の入れ歯の違い

入れ歯作りでは、保険を適用して安価に作るか、自費でこだわりの入れ歯を作るかのいずれかをお選びいただけます。それぞれの違いをよく理解したうえで、ご自身のライフスタイルに合ったものをお選びください。

保険で作る入れ歯 自費で作る入れ歯
価格 安価 高額
素材 選択肢が少なく、床には歯科用プラスチック(レジン)しか使えない。部分入れ歯の場合は、金属バネ(クラスプ)付きのものとなります。 豊富な素材・タイプの入れ歯の中から、ご自分に合ったものをお選びいただけます。金属・シリコン・特殊なプラスチックなどさまざまな最新素材が選べます。
使用感 慣れるまではどうしても違和感が出てしまいます。咬む力も十分に回復できません。食べ物の温度も伝わりにくいのもデメリットです。 床の部分に金属などを採用することで、違和感のない咬み心地が回復できます。熱伝導性が高い素材なら、食事も楽しめます。
見た目 パッと見たときに、入れ歯とわかりやすい素材です。部分入れ歯では、金属バネが目立ちます。 自然な仕上がりの入れ歯ができあがります。使い勝手とともに、見た目も重視した入れ歯づくりができます。
期間 1ヶ月程度でできあがります。 入れ歯にもよりますが、比較的製作期間は長めになります。
修理 壊れやすいですが、修理も比較的簡単に行えます。 壊れにくい反面、修理ができないということがあります。
当院の取り扱い入れ歯
ノンクラスプデンチャー(自費・部分入れ歯)

歯ぐきに半透明の樹脂を吸着させて固定する部分入れ歯です。自然なフィット感で、金属バネがないことから見た目も使用感も非常に満足度が高い入れ歯に仕上がります。汚れがつきやすいこと、熱に弱いこと、修理が難しいことがデメリット。

金属床義歯

金属床義歯

歯ぐきに当たる床部分に、強度や熱伝導性の高い金属を使用した入れ歯です。汚れがつきにくく、強度・耐久性が高いのがメリット。薄く・軽く作れるので、使用感に優れています。唯一、金属アレルギーを引き起こす可能性があることがデメリットです。

保険義歯

保険義歯

人工歯・床ともに歯科用プラスチックを使った入れ歯です。部分入れ歯の場合は、金属バネを使用し、周囲の健康な歯にひっかけて使います。治療費が安価に抑えられ、ほとんどの症例にも対応しています。ただし、使用素材や入れ歯のタイプには制限があり、使い勝手や見た目の面では、自費の入れ歯に劣ります。

健康な歯に人工歯の橋を架ける治療法~ブリッジ~

健康な歯に人工歯の橋を架ける治療法~ブリッジ~

ブリッジは、その名の通り、健康な歯を支えとして橋を架けるように人工歯を取り付ける治療法です。一度作って取り付けたら、そのまま固定されるので、しっかりとした咬み心地が手に入ります。歯みがきの際には、ブリッジの下側に気をつけてお手入れする必要があります。健康な歯を大きく削って支えとする必要があるため、歯の残っている本数や位置によって治療ができるケースできないケースに分かれます。

ブリッジのメリット・デメリット
メリット
  • 入れ歯よりもよく咬める人工歯が手に入る
  • 固定式のためお手入れが楽
  • 見た目にも自然な仕上がりになる
デメリット
  • 健康な歯を大きく削ることになる
  • 削った歯、支えとする歯に負担がかかる
  • ブリッジ周辺の歯みがきには注意が必要

ご相談・お問い合わせ・診療ご予約はこちらからどうぞ

ご相談・お問い合わせ・診療ご予約はこちらからどうぞ

症状別治療ガイド

  • 一般歯科
  • 小児歯科
  • 矯正歯科
  • 歯周病
  • 審美歯科
  • ホワイトニング
  • インプラント 義歯・入れ歯
  • ブライトニング
  • 口腔外科
  • 予防歯科
  • Dr.インタビュー
  • スタッフ紹介
  • 年代別歯科予防
  • 個室設備・設備紹介
  • よくある質問
  • ブログ BLOG
  • 門司歯科医院

お知らせ

詳しく見る

医院案内

33.321248467878895,130.53743713068846

33.3204954,130.53735129999995

門司歯科医院

〒839-0865
福岡県久留米市新合川1-3-30
ゆめタウン久留米内クリニックゾーン

  • ホワイトニング
  • 義歯・インプラント・入れ歯

© 2015 monji dental clinic inc.